上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
TVでやったので見たよ。

期待しすぎて期待はずれ。
面白くなかったわけではないけど、期待が高すぎた。
ファインディング・ニモがあまりに面白かったんで、そのせいだろう。

ピクサー憎いからから喜ぶべきなんだが。
なんだか残念だった。
敵ながら天晴れといわせてほしかった。

-----------------

なにがまずいかっていうと、
部分部分を取り出すと、面白いんだけども、
全体としての構成の見事さに欠けるというか。

小ネタの宝庫というか、
お笑いでいうとレッドカーペットの3分ネタを次々みせられてるような・・・

細かいネタをあとで全部回収してるのも上手いんだけど、
上手い職人芸をみせられてるようで、
だからなに? みたいな。

前半と後半の明暗も見事なコントラストなんだけど、
だからなに?みたいな。

戦闘シーンも飽きさせずにやたら時間を食うけど、
ちょっとだらけて感じる。
でもチャンネル変えないギリギリのところで興味をひっぱる。
そういうときにでてくる水面走りの爽快さとか、計算なんじゃないかと疑ってしまう。
いや計算なんだろう。

つまりそういう、ソロバンはじいた感じが気に入らない。

突き抜けた見事さに欠けると言うか・・・
なんというか、まんべんなく平均点以上なんだよね。

で、平均以上だけど、すべてが最高点じゃない。
クライマックスだって平凡だし、逆転劇も、家族愛も、アクションも。
ああそうだこの言葉だ
「物足りない」

向こうは脚本家が合議でストーリーを決めるから、
破綻もないし、悪いところは直せるんだろうけど、
そのぶん監督の作家性とか情念みたいなものが平均点の海に水没したように思う。

それなりに込めたテーマはあるんだろうけど。
大筋はすごく単純で、その単純なラインにトッピングを大盛りでちりばめたみたいな豪華さ。
でも、底に潜んで、期を見て一撃必殺で観客のハートをかっさらうような構成の見事さや、あっといわせる仕掛けに欠ける。

ハラハラドキドキさせても、
うならせるようなものはなにもなかった。
心になにもひっかからないってのはさすがにまずい。
俺かピクサーのどっちかが確実にまずい。
そして俺は絶対に譲らない。



もともと、よくも悪くもピクサーはそういう軽めの優等生な映画作りなんだけど、
なんで俺にとってこれがだめで、ニモはすごく面白かったんだろうなあ。

・・・

考えてみた。

たぶん、キャラクターに愛着が持てないからだと思う。
この映画に登場するキャラは、やはり平均点以上だけど。
同時に類型的なんだよ。
キャラに限らず、
どこかでみたシチュ。
どこかで見た展開。
どこかで見たクライマックス。

どこかで見たものばかり。

なんだろう。
見た目は面白い人たちばかりなんだけど、
このキャラ、魂込めて作ってんの? という感じがするのかも。

主人公にも美学がない。
悪党にも美学がない。
ママにも、子供たちにも、脇役にも。

見てるあいだ、これは進化した人形劇だとしきりに感心してたけど。
見終わってみると・・・
人形アニメで魂込めなかったら、それはただの人形だよ。。。

いやね、ほんとに期待してたんだよ。
おのれピクサーと言わせて欲しかった。
2008.12.13 Comment:0 | TrackBack:0
最近TVで映画をみたあと2chの実況板に行く習慣がついた。
感想書こうと思ったけど、同じことを書くのはめんどいので、
以下実況板に書いたのをまとめたもの。

-----------------
散々糞といわれてたせいか、
それほどひどいとは思わなかった。
少なくとも原作に興味もつくらいにはひきつけられたし、
原作のテーマがあればこそだろうけど、最後まで最低限のテンションを維持して見れた。


ウサギってやつの声と演技が最低だった。
絵と動きの演出の面でも、
ウサギと配下の、いかにも悪者な演技もわざとらしくて萎える。
宮崎駿のキャラの動きもわざとらしいから、遺伝かもしれんが。


正直、同時期公開(2006年夏)のアニメ映画の中で、
一番ひどいのはブレイブストーリーかも。
ゲドは眠くならなかったけど、ブレイブは睡魔と闘ったから。


まあ、ズブの素人が祭り上げられて初監督という点を考えれば、
巨大アニメ産業の最前線で、巨大ブランド背負ってよくやったなとは思う。
絵コンテを別のアニメーターがやったことを考慮しても、
監督という地位でひとつの作品をまとめあげたという手腕は評価していいのでは。
俺は破綻はそれほど感じなかったし、作りきった事が偉い。
次回作あればテレビでみるよ。
劇場は行かない。
-----------------
2008.07.12 Comment:0 | TrackBack:0
TVでやってたから観た。
というかTVでやらなければ観ることはない。
日本アニメで育った自分は、ディズニーもピクサーも生理的に受け付けないのだ。
というか嫌いなのだ。

見る前から素晴らしい作品なのがわかってるのも癪だ。
とくに、ピクサーは絶対に観客を裏切らない。
もうどうせ素晴らしいに決まってるのだ。

・・・・・

もう憎らしいくらいに素晴らしい作品だった。
完璧といっていい。
おのれピクサー
-----------------

冒頭にピクサーの社屋の取材映像があったが、
ああいう夢のような環境で、こういう素晴らしい作品を作られたら、
日本のタコ部屋で疲弊した構造の中で身を削って肉体労働してるアニメーターたちが馬鹿みたいじゃないか。

たぶん日本の環境のほうが間違ってるのだけど。
2008.04.18 Comment:0 | TrackBack:0
みてきた。

前半たるいという噂は本当。
TV版に勝る演出と作画ではないと思う。
描き直しやCGが裏目に出てると思うことしばしば。

しかしヤマ場の「ヤシマ作戦」は本当にすごかった。
物語の構造を作り変えながらも、クライマックスは従来のツボを外してない。
作画も、音も演出もパワーアップした新生のエヴァンゲリオンを見せてもらったという満足感で劇場をあとにした。

劇場で見る必要なしという意見があるけど、それは嘘だ。

第5使徒ラミエルの天地を揺るがすほどの加粒子砲のショックを体験するには、大画面大音響の劇場でなければ無理。
ぜったいおしっこちびる。
 
2007.09.08 Comment:0 | TrackBack:0
もう古い話題になるんだろうけど、
ちょっと前に、ハルヒのTVアニメーション第二期が決定したのだが、その件を知ったのが朝日新聞。
なんと「2期決定」を知らせるために全面広告が載っていたのだが。

ここまでやるかと驚いたのと同時に。
「私はここにいる」
というキャッチコピーで、
でーんと窓際で座ってるハルヒの後姿にぐっときた。
いいコピーだと思う。

放送は秋なのかな?
普通に楽しみだ。
2期のOP/EDもどういう仕掛けでくるのか楽しみだが、

それよりも、2期の最終回では
エンディングに1期のOPテーマかEDテーマを流すというベタな演出を絶対してくると思うので、それもいまから楽しみ。

想像するだけでゾクゾクするので、期待は外さないでほしい。
2007.07.15 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。