上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
実に良かった。劇場版が。

劇場のあまりの大入りと評判のよさに、気にはなってたタイトルだったので、
正月潰して二日連続ドラマ全話放送に付き合ってしまった。

ドラマのほうは正直、あんま面白くなかったので肩透かし食らった感じだったのだけど、
ドラマの後日談を描いたスペシャル版が地味ながらわりと良くて、
それらを観てないと、映画はあまり楽しめない作りになってるということもあり、(映画が本当に良かったので)ドラマで予習をした甲斐もあったというものだ。

-----------------
監督はドラマと同じ人みたいだけど、
ポップな感じを出そうとしてアップやカット割りを多用してたドラマ版と打って変わって、レールを使った移動撮影を多用して編集でつなぐやりかたで重厚感を出していた。

脚本も、権力者の巨悪と庶民の巻き込まれた刑事事件を対比的に描くことで、
ドラマではいまいち描ききれてなかった感のある「HERO」というテーマをうまく照らし出していた。
花岡代議士のアリバイが崩れたとたんに、
さーっと潮が引いたように、法廷から人がいなくなるところが映像的に実に上手い。

-----------------
あと、キムタクが役者として成長してたのも大きい。
歳を食って、輪郭が引き締まった気がする。
輪郭だけでなく、ドラマの2001年頃はなんか精神病んでるような、そんな内面が表に出たような見た目の気持ち悪さがあって、それは映画のあとビデオでドラマを見返してもやはりそう思うのだけど、その病んでた感じが消えた。

セリフにも感情がこもっているし、
モノマネ芸人のホリがやってるような「キムタク」だけしか演じられなかったドラマの頃よりも、きちんと役作りをしていると思った。

-----------------
キャスティングはかなり豪華で、ドラマも含めて良いキャスティングだと思うけど、
映画はタモリだけが残念だった。
タモリさえいなければ・・・
いや、トレードマークの黒眼鏡さえ外してくれれば文句はない。
日本に詳しい人の多い台湾はともかく、韓国の観客はタモリをタモリとして観ないだろうから字幕の不便を加えても得だったかも。
2009.01.04 Comment:0 | TrackBack:0
今期のドラマは見るものがないとしたり顔でいうドラマ評論家がいるけど、とんでもないぞ。
『チームバチスタの栄光』がすごく面白い。
映画では描けなかった細部まで描写できるのが強みだと制作側がいってるように、医療現場の問題点を丁寧に描いてる。
原作読むのめんどいので、気になってた話題作をドラマでやってくれるのはありがたい。

それよりなにより、仲村トオルがすごくいい。
こんなに良い仲村トオルは初めて見たかもしれない。
もともとビーバップの頃から雰囲気ある顔立ちだったけど、中身がついていってなかったというか、あまり好きな俳優ではなかったのだけど、今度の厚生労働省の官僚役はすごいハマってる。
無精ヒゲも最高。一気にファンになった。

3回目の今日にして気づいた。
仲村演ずるエリート役人が、毎回メシを食ってるカフェがあるのだけど、これうちのすんごい近所の店だ。
数年前に開店してから近所でも評判の雰囲気のある店って事で、たびたびドラマに使われたらしい。
ド田舎の畑の中にあるんだけどね。

あそこに仲村トオルもきてたのか。
最終回あたり今撮ってるなら、通りがかったらロケやってたりしないかな。
2008.10.28 Comment:0 | TrackBack:0
いやーよかった。

2時間半飽きさせず、見ごたえのあるドラマだった。
役者の顔ぶれがいい。

佐藤浩市の被害者役、
阿部寛の刑事役、
妻夫木聡の犯人役。

特に阿部寛の存在感は期待通りでとてもよかった。
妻夫木聡は正直どうかと思ってたんだけど、
ラストの演技をものにした彼はやはり一流の役者なんだと思った。

当然、もとの黒澤版のほうがいいんだろうけど、
見てないからわからない。
ただ、リメイクでも「天国と地獄」というタイトルにこめられたテーマは、十分に伝わった。

公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/tengoku/
2007.09.09 Comment:0 | TrackBack:0
フジのドラマの『ライフ』を最近見てるけど、面白いなあ。
ここまでうそ臭くてあざといのに、それがどんどん心地よくなってくる。

似た題材の『問題のない私たち』は漫画を読んで、良作だと思ったけど、それとはもはや別もんだね。

エンタメとしてとことんやる『ライフ』もありだなー。
原作読みたくなった。
2007.08.26 Comment:0 | TrackBack:0
山田太一作品は、はじめてみたけどええなあ。
そのへんのゴミ映画見るより、よっぽど有意義な2時間だった。

玉木宏は『のだめ』のちあき先輩以外の、 役の幅がありそうで安心。

ちょうど作中にもオーラという言葉がでてきたけど、
やはり役者はシルエットオーラが大事だと思った。

しかし山田太一の台詞回しはうまい。
「うん」「うん」を多用するのも、狙いすました技巧なんだろうなあ。


2009年1月12日(月) 追記
けっこうしっかりしたつくりの公式サイトがあったんだけど、削除されちゃったので
痕跡はこれくらいしか・・・
単発ドラマって消えていく運命なのね。

 情報第1弾
 http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2007/07-085.html

 情報第2弾
 http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2007/070419hoshi.html

星ひとつの夜 - Wikipedia

あーでもDVDでてるね。
よかった。
Amazon.co.jp: 星ひとつの夜 [DVD]: 渡辺謙, 玉木宏, 国仲涼子, 井川比佐志, 赤座美代子, 笹野高史, 福田沙紀, いしだあゆみ, 山田太一: DVD

2007.05.25 Comment:0 | TrackBack:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。