上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
前から気になってたので、読んでみる。
午前中ずっと読んでたら疲れて夜まで寝てしまった・・・

悪を滅する「アクメツ」というフレーズから勝手に一話完結のよくある悪漢ヒーローかと思ってたが、
予想してたのと違って、読んでみるとかなり妄想爆発の硬派漫画で、これは前代未聞のジャンルかもしれない。
「悪とはなにか」とこれだけ粘着質に読者に問いかけてくる少年漫画って・・・

「もし悪を一人残らず滅ぼせるとしたら?」というIFを作者はシミュレートしたいらしい。
決して安易なテロの肯定になってないところがミソだ。
悪の定義がそれなりにロジカルで、
それを滅することを「アクメツ」とした設定がすごい。

「完全なる一人一殺」 「ただのテロではない」
という部分を核に、SFまでとりいれて、バイオレンスファンタジーを展開してる。
こいつは一本とられた。そんで読んでて疲れた。
2007.06.10 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sttng.blog67.fc2.com/tb.php/92-d8866a82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。