上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
新訳Zガンダム、こないだの日曜に観てきました。
いやー大混雑。

 ・公開期間が短い。
 ・全国公開作品なのに上映館の数が少ない。

これは松竹側の戦略だそうですが、これが当たったのか、
予想外のヒットに対する後付けの勝利宣言なのかはよくわかりませんが、混んでることは確かです。

僕が行ったのは川崎にあるチネチッタですが、日曜ということもあって昼の回は満席でした。
2chの情報では土日は新宿と渋谷はまず立ち見だそうで、
川崎とか立川に足を伸ばすのもひとつの選択かもしれません。
チネチッタはとにかく音響が素晴らしく、ゆったりできるシートや、後部座席に邪魔にならない傾斜がかなり考えられてるので、全席指定(通常の1800円)でネット予約すれば確実に見れるので穴場かも。

僕の座った席の隣は一家四人の親子連れ。
他にも子供を連れたガンダムエイジの姿はちらほらいました。
後ろの座席には70・・・もしかしたら80歳にはなってるかもしれないおじいちゃん。
何者・・・?

ファースト放映時にはどう考えても50がらみは下らないでしょ?
もしかしてアニメ業界にゆかりのある人だったりして。
エンディングでガクトの歌が流れると、フラフラと危なっかしい足取りで退席なされました。
もう少し観てれば二作目「恋人たち」の予告が見れたのに。

5歳児から80歳まで、あらゆる世代を網羅したZガンダムの客層恐るべし。

上映前には、
同じシネコンで上映していた『戦国自衛隊1549』の小説版の作者であり、
ターンAガンダムの小説版を手がけた福井晴敏原作小説の映画化
『亡国のイージス』の予告編が流れていました。

福井氏は、自分がもっとも影響を受けた作家として富野由悠季の名前を公然とあげてます。
スクリーンを見ても富野信者。右を見ても左を見ても富野信者。
後ろは謎のおじいちゃん(きっと富野信者です)。

富野由悠季の遺伝子と影響力が会場を支配しているのを肌で感じました。

*****************


富野作品のことはいずれ書きたいと思ってたのだけど、
かなり敷居の高い難解な作品が多いし、作品がもつエネルギー量が並じゃないので、こちらもそれ相応のエネルギーが要るので避けてきました。

富野由悠季という人は、多くの中毒者にとってそうであるように、僕にとっても特別の監督さんになりつつあります。
僕の富野リスペクトはガンダム世代にしては遅く。
自分は富野が大好きなんだと自覚したのはけっこう最近です。
(といってもファースト3部作を10回は見てるガンダムファンではありました)

Zのテレビシリーズもつい3年ほど前に見ました。
ちょっとその頃つらいことがあって、
カミーユの不幸な境遇、
そして登場人物に襲い掛かるこれでもかという悲劇を見ることで、
陰鬱なムードにはなりましたが、同時にそれが嫌ではなく。
彼らにに自分を重ねたのだろうか。
不思議にとても癒されてました。

そういうこともあって、Zは自分にとって特別な作品でもあります。

*****************

三部作の端緒となる今作の内容ですが、
評判どおり、新作部分の壮絶なMS戦のクォリティが見事でした。

これはハゲ絶好調か? と思わせる迫力に、富野の健在ぶりを伺えましたが。
(富野監督は一部のファンから敬愛とからかいをこめてハゲと呼ばれてます)

2chなどでTVとの比較をした人の話をみると、どうもあの壮絶なギャプラン、アッシマー戦の絵コンテはTVのものと同じらしい。
まあそうだとしても、新セリフ、新シチュエーションもあって、テンポも圧縮されてかなり違うので、”編集のマジシャン”である富野のセンスが爆発してることは紛れもないのでOK大丈夫。

富野は、ここ十数年(禿げた)頭を占拠してた「なにか」を乗り越えて、新天地へと飛び出し、新約Zを引っさげて、味噌糞いっしょくたの、新しい才能あふれるこの混沌としたアニメ界へ、メガ粒子砲を持って降り立ったのだと、そう思うことにする。

*****************

一緒に見に行った知り合いはファースト三部作を一度通してみたことがあるというだけのガンダム初心者。

難解な用語やはじめて聞くような名詞がポンポンとびだし、ファーストとまるで違う世界観に戸惑うことが想像されるこの作品。

『Z』初見の彼の感想がけっこう気になったんだけど。
上映終了と同時に感嘆の嵐。
映画の後もずっと余韻にひたって足元をすくわれそうなほどの感銘を受けてたようでした。

富野信者としてはガッツポーズの場面。
心の中で富野信者開発機構中央指令センターに打電しときました。

*****************

さてここで内緒話です。
感激している隣の鴨、いえ、新たな仲間には申し訳ないのですが、
僕はちょっとそこまでの感激はしませんでした。

ひとつには、僕が派手なアクションシーンを見慣れたすれっからしのアニメファンであることがあって、これが大きいと思います。

それと、僕はわりと最近Zを二回通してみてるので、まだ記憶が新しくて、
古いゼータ観に支配されてしまってたのが不幸だったかも。
(これは富野にいわせれば、滅ぶべき古い地球人なのかもしれないですね・・・)

2chでは「オールドファンは事前に復習(予習)したりして見ないほうがいいという親切な書き込みがあって、
(これはまったく正しかった)
僕はそれに従って予習しないでいったんですが、それでも不満は残りました。

良い方向にとらえられてるテンポの良さは、もちろん心地いいものだったんですが、なにもそこまではしょらなくてもと思うこと数度。

カミーユのガンダム強奪からジャブローでの戦闘までのあっという間の早さに、こいつ順応早すぎないかという違和感がかなりある。

そして、TVで見た数々の名シーン。
それが新画でところどころリメイクされてるのがうれしいんですが、

カクリコンの死に様もライラの死に様も、ポイントは押さえてはあるんですけど、
どうも前フリが短すぎて、彼らの死の重さと、
そしてここが大事なんですが、
それを背負っていくジェリドの重みが同時に軽くなってしまった印象なのが残念。

ジェリドの扱いは、実際今回かなり(たぶん意図的に)薄いです。
ライラとの最初の激突でのセリフがかなり改ざんされてるし、
これはジャブロー脱出のシーンでも思ったんですが、
あのジェリドの燃え上がるような執着心。凄まじい凡人の炎がイミテーションランプのようになってしまったかのような失望を感じた。

このままだと、かなり大胆に改変されるという三作目はどうなるのか。
「カミーユ、お前は俺の・・・」
このセリフの熱さ(そして暑苦しさ)だけはなんとか再現してほしいと願ってます。


*****************

それと、観た人のあいだで、ビジュアル面での一番話題にのぼるであろう部分。
旧作と新作の、新旧入り混じった絵。

これは低予算のせいなのか、なにか意図があったのかわかりませんけど、
やはりけっこうきついです。
監督は「それだったら、絵でなくストーリーでひっぱればいい」
みたいな発言をしてるみたいですが、なんか諦めにも開き直りにもみえるし、
やはり予算かな。

どう考えても完全新作のほうがいい。
違和感バリバリで、一回だけ、カミーユの絵が切り替わったときに、同一人物だと認識してない自分がいるのに気づいて、こりゃヤバいと思いました。

富野がZを作ってるらしいという噂が流れ始めたとき、
Zって、20年前の作品にしては絵が安定してるので、このまま全部旧作の編集でもいいんじゃないの? なんて思ってましたが、
実際見てみると、恩田尚之とかいう人の絵はけっこういいですね。
富野はかなりダメだしをして、恩田氏はついには製作現場を離れたくなったそうですが、
それだけ期待されてることの裏返しにも思えます。

富野がオカマ言葉で怒り狂った(想像)だけあって、カミーユや女キャラが子供のようにぽっちゃりしてるのがけっこうヘンかもしれないけど、
男キャラなど含めると全体的にいい感じです。

シャアなんか、TV後半OPの梅津泰臣の絵に近い(逆に梅津のすごさが思い知らされる)。
恩田尚之は当時TVの作画監督もしてたそうなので、梅津絵は意識したのかな。


ファースト劇場版のように、次作から新作絵をどんどんふやしてって、3作目くらいは100%新作にしてほしいです。
一作目がヒットしたからありえる話だと思うのですが。

・・・
今思ったけど。
もしかして新訳のDVDが出揃って1年くらい経ったら、
全部新作に直して、尺も長くした「完全版」が出るんじゃないだろうな・・・
あのガンダム三部作の糞DVDを発売したバンダイビジュアルならありえる。

うーん、でもそれうれしいな。
2005.06.14 Comment:0 | TrackBack:1
Secret

TrackBackURL
→http://sttng.blog67.fc2.com/tb.php/44-1269b4b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。