上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--


脚本:高久進 演出:大貫信夫 作画監督:上村栄司


今回は本筋のストーリーはどうでもいいです。

毎度のことながら、ドクター・ヘルがあしゅら男爵をいびるというコントには鬼気迫るものがありますが、
ドクター・ヘルのいびりにどんどん磨きがかかってきました。
今回のいびり方は最高です。

 「ああっ、なにをなさるのですかドクター・ヘル」



「なぜ私の命を狙われるのですか。」




「マジンガーZを倒すことができないからですか」




「ドクター・ヘル。マジンガーZは必ず倒してみせます。ですから銃殺刑だけはお許しください。お許しくださいドクター・ヘル」

「ならぬ」



無情にも引き金をひくドクター・ヘル。

「あーーーーっ!!」

しかしこの銃はドクター・ヘルが開発した巨大化銃だったのです。
あしゅら男爵としてはそんなこと知りませんから、死の恐怖を味わったことでしょう。


みるみるうちに巨大化していくあしゅら男爵。
作画が妙に頑張ってて、巨大化途中の引きつれた顔など、
凝った演出ですが、静止画で見ると笑えます。
せっかくキャプしたんだからケータイの待ち受けにしようかなこれ。


「巨人になった感想はどうじゃなあしゅら男爵」

あしゅら男爵。
高笑いを始めたかと思うと、本音ぶっちゃけタイムです。


「やいドクターヘル。よくも今までこの俺様をコキ使いやがったな。俺も人に少しは恐れられたあしゅら男爵だ。そういつまでもお前の言いなりにはならんぞ!」

もう、当時のブラウン管の前の視聴者全員が同時に「あーあ」と内心つぶやいたと思います。

1973年2月18日の夜7時10分ごろ。日本列島を
「あーあ」
という巨大な想念が包みました。

余裕のドクターヘルが笑いながら
「それではどうするというのじゃ」と尋ねると、
あしゅら男爵はためらいもせず、
「こうしてくれる!」 (爆笑)
ドクターヘルを踏み潰しにかかります。
まさかそこまで憎んでいたとは思いもしませんでした。

しかし、あっさり光線でまた元の大きさに戻されてしまう。

立場再び逆転です。

「あしゅら男爵! 今の行動がお前の本心か」



「と、とんでもございません。体が急に大きくなり、つい心にもないことを」


みよ、この卑屈な作り笑いを。


ジー


なんとか土下座をして許してもらいました。
大爆笑のコントでした。


この光景。
昔のバイト先の社長と部下の関係にすごく似てることに気付きました。
こんな漫画みたいな関係が実際にあるわけで、当てはめるとあまり笑えませんね。
ワンマン社長の一挙手一投足を、部下のSさんはものすごく恐れていて、いつもビクビクしてました。
そして社長にはおべっかの嵐で気味が悪いほどのヨイショぶりだったんですが、Sさんも巨大化させたらあしゅら男爵のようになるんじゃないかなあと思います。

しかし、このいびりコント。
どうもここまでで面白いのは、ことごとく高久進脚本ですね。
また高久進か!と自分突っ込みしてしまいますが、
高久進の脚本が面白いのだからしょうがない。

- - - - - - - - - -
高久が担当した第5話「ゴーストマジンガー出現」でも、ゴーストの実験にあしゅら男爵を使い、今回とおなじようにあしゅら男爵をからかうスタイルでした。

「あしゅら男爵、自分の幻を見た気持ちはどうじゃな」
って・・・よく噛み砕くと、これはサディスティックな「言葉攻め」の意味合いがだいぶ強いですよね。

高久脚本のあしゅら男爵いびりが面白いのは、
ドクター・ヘルをかなり明確なサディスト、
それも心理的な責めを使うサディストとして描いてるからだと思いました。

この第5話をみたとき、もうひとつひっかかってたことが。
ドクター・ヘルが機械獣の紹介をするときのセリフなんですが。
「親愛なる機械獣キングダンX10!ここにまいれ」
「あしゅら男爵。ワシの忠実なしもべであるキングダンX10を連れて行け」


たしか、あしゅら男爵は「親愛」とか「忠実なしもべ」とかいう言葉を一回もかけられたことがないんですよ。
機械獣以下なのかなって思いました。

- - - - - - - - - -

もちろん藤川桂介が担当した回でもいびりシーンはあります。

第三話などでは、首輪を孫悟空の頭の輪っかのようにしめつけて悶絶させるシーンがでてきますが。
「お前にはプライドがないのか」とか
「苦しめ、その地獄の苦しみの中から地球征服の知恵を搾り出せ」
という建設的で説教的な意味合いのある「体罰」的傾向が強い。
高久のいびり方は、ひたすら快楽的に倒錯した、単なるサディズムなんですよね。

しかし高久もそのへんはバランスをとってるようで、
第5話のラストには、めずらしくマジンガーに負けたあとの反省会のシーンがあります。

マジンガーZ討伐に失敗したあしゅら男爵が自らの命を絶とうとしたのを、ドクター・ヘルが一喝します。

「ばかもん! 死ぬ覚悟があるのなら、なぜマジンガーZを倒そうとは考えないのじゃ」

「人間の知恵は無限じゃ。また悪知恵も無限じゃ。お前は私に忠誠を誓った以上、悪知恵の限りを尽くしてマジンガーZを倒し、世界を征服するのじゃ。死ぬのはそれからでも遅くはない、あしゅら男爵」


ここだけとってみると、かなりいいセリフですね。
ドクター・ヘルとあしゅら男爵の殺伐とした関係に潤いを与え、敵側のドラマに深みを持たせてます。
こういうバランスの取り方はさすがだと思いますが、高久脚本はやはり全体の整合性に欠ける。
ドクター・ヘルの冒頭のイビリが
あまりに楽しそう

なので説得力も半減なのですw
2005.01.22 Comment:2 | TrackBack:1
Secret

TrackBackURL
→http://sttng.blog67.fc2.com/tb.php/15-a45af8f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。