上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
(twitterから転載)

『ラッキーナンバー7』。フェアな作りのせいか、オチは前半でほぼ分かってしまったんだけど、それでも緻密な作りの綺麗さに魅入られた。

(ネタバレ注意) 主人公が人違いの件をボスにあまり食い下がらないので、もうそこで怪しんでた。言い換えればキャラクターに筋が通っててフェア

途中で警察のマークもついて怪しいのは確定なので、謎解きの意外さに注力したのではないと思う。編集で過去と現在を入れ替えながらひとつのパズルが組みあがっていく快感と、そこに最後に浮かび上がった殺し屋の特異な情。それがこの映画の綺麗さ。



『ラッキーナンバー7』を酷評しているレビューをいくつか読んだのだが、「負け犬」を犠牲にしている点について。(※以下ネタバレ)xx屋に育てられたというのが大事で、彼は最後に言ってる様にもう本来の人生を全て奪われてしまっている。これはxx屋と新しい親子の契りを交わしたと言い換えられる

(続き)[ネタバレ有]xx屋は「友情が一番大事」とラビに語っていて、これはほとんど親子の間柄に近い関係の主人公への情のことを指している。それはラストで彼の本当の父からもらった時計を手渡した事にも暗示されている。このときの主人公の境遇も大事で、「情」で殺しのルールを曲げてしまった…

(続き)[ネタバレ有]…ルールを曲げてしまった主人公の姿は、過去のグッドキャットと主人公の出会いと重なるように描かれてる。これは息子が親と同じ立ち位置に立ったことも暗示していて、自分で計画した復讐を見事に遂げた彼の巣立ちを意味する。

(続き)[ネタバレ有]そして本当の父の形見を渡すというのは息子を返したという事。つまりあの時点で彼は堅気の女と結ばれる=殺し屋稼業から足を洗った。逆に言えばそれ以前の彼の復讐を成し遂げた力は「殺し屋」以外の何者でもなく全てはモラルの外の出来事。負け犬をぶっ殺して利用するなど当然。

(続き)[ネタバレ有]…最後に主人公が名乗ったbad dogには「負け犬」という意味でもあるのかと思って検索してみたけど、負け犬はloserかUnderdogとしか出てこない。スラングじゃなきゃbad dogは単にグッドキャットの反対であり意味も「悪い犬」以外にはなさそう。

だとすれば、「負け犬」の子は「悪い犬」になって、他の「負け犬」を犠牲にしてでも復讐という己の欲望を満たしたのではないのか。まあそんな感じ。


スポンサーサイト
2013.10.06 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。