上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
最近の僕のマジンガーの視聴の仕方は、正攻法すぎて書くことがありません。
マジンガーは名作なので、アクションものとしてそこそこ面白いのです。

でもそこそこのものだと特に書き残しておきたいことってないんですよね。

なので、ひそかにハマってるドクター・ヘルによるあしゅら男爵の虐待の数々を拾ってみることにしました。
もはや僕はあしゅら男爵が出てくるたびに胸キュンでありまして、今日もひどい目にあいやしないかとドキドキしながら見てます。

*****************

マジンガーZ 第16話「兜甲児 暗殺指令!!」
脚本:藤川桂介 演出:落合正宗 作画監督:勝田稔男


あしゅら男爵が単独で行った兜甲児の暗殺に失敗して帰ってくると、いきなり機械獣からなにやら液体が飛び出る。
あしゅら男爵は見る見るうちに固まってしまう。


あしゅら男爵
「ドクター・ヘル、おたわむれはおやめください。ドクター・ヘル、私は動けません」

ドクター・ヘル 「はっはっは、どうじゃ、バルカンP5のボンド弾の威力は」


あしゅら男爵
「動きが取れません、早く自由にしてくださいませ」



ドクター・ヘル 「情けない声を出すのでないそーら」

すぐに開放してくれたうえ、暗殺計画を勝手に行って失敗して逃げ帰ってきたことを、きつくとがめることもありません。
イジワルのあとに、やさしいドクター・ヘル。
ソフトSMの女王様ですね。

これが高久脚本だったら、キツイ追い込みをかけていたんじゃないだろうか。それも心理的にキツイやつ。

*****************

マジンガーZ 第17話「地底機械獣ホルゾンV3」
脚本:藤川桂介 演出:西沢信孝 作画監督:中村一夫


ホルゾンV3を使って弓教授にジャパニウム合金を渡すよう迫るあしゅら男爵の作戦はとんとん拍子に進む。
この時点ですでに嫌な予感がします。
あしゅら男爵 「お喜びください。ジャパニウム合金が手に入りました」
トランクを誇らしげに差し出すあしゅら男爵。

ドクター・ヘル「なに!」


あしゅら男爵
「さあ、ご覧ください」


ドクター・ヘル「信じられん・・・」

あしゅら男爵
「その信じられらないことが、ホルゾンV3の力で現実のものとなったのでございます。ドクター・ヘル。あなたはそれを手にしたときから世界の支配者になられました」


ドクター・ヘルの目がピクピク痙攣します。


カウントダウン開始。
(もちろんBGMは『空飛ぶマジンガーZ』の冒頭のカウントダウンで)
3・・・・2・・・1・・


「あしゅら男爵・・・」

ドクター・ヘルは心なしか声もプルプル震えているようです。

あしゅら男爵 「はっ?」 


ドクター・ヘル「このマヌケめ! これがジャパニウム合金だと思うのか」

「けぁーーーーっ!!!」




トランクをあしゅら男爵に当てんばかりに投げつけます。

転がり出た金属塊に光線を浴びせるドクター・ヘル。
「貴様の目はどこについておるのじゃ。よく見ろーっ!」
燃えてしまう金属。

ドクター・ヘル、無言でやおら振りかぶったかと思うと、あしゅら男爵をステッキでぶん殴ります。

体罰派の藤川脚本の傾向がここで爆発ですね。


ジャッキー・チェンの映画ばりにひねり回転しながら倒れこむあしゅら男爵。(笑)


ドクター・ヘル 「貴様の顔など見たくないわ!」
あしゅら男爵 「ドクター・ヘル・・・!」



ズーン





あしゅら男爵
「くっそう・・・兜甲児・・・この痛みを必ずお前にもわけてやるぞ」

「うぅっ、うぅうぅっうぅ~・・・」

嗚咽が誰もいない司令部にこだまする。
直後、大爆笑する光子力研究所の面々の顔にカットが切り替わる。


なんてひどい演出だろう(笑)




雪辱を晴らすと誓ったあしゅら男爵は、己のプライドをかけて白兵戦で突撃してきます。


ロボットホースを駆り夕日をバックにかけるあしゅら男爵の雄姿。(右向きに走っていたら雌姿だった)



あしゅら男爵
「よいか鉄仮面! 我々は決死隊となって、光子力研究所に攻め込むのだ!」


鉄仮面軍団 

「おーっ!」
 




全滅。

*****************

マジンガーZ 第19話「飛行魔獣デビラーX!!」
脚本:藤川桂介 演出:山吉康夫 作画監督:羽根章悦


冒頭、吹き抜けからのわずかの光彩が降り注ぐ薄暗い講堂で、パイプオルガンを演奏するあしゅら男爵の描写から始まる。

ハープや、赤い薔薇を挿した花瓶。オルガンの上のワイングラスに口をつけるあしゅら男爵。
設定では、この人はもともと古代の貴族だったらしく、こういうところで優雅な一面をみせます。

突然ハープの弦が切れ、ワイングラスが割れ、ガラスで切った指から血が滴ります。
不吉な前兆・・・今日のあしゅら男爵はいったいどんな目に遭うのか・・・


ガタガタガタガタ

地震だ!
巨大な地割れが薔薇を飲み込み、
地の底から悪魔のようなマジンガーZの顔が現れます。


あしゅら男爵 「ドクター・ヘル・・! ドクター・ヘル!!」
助けを求めるように名を呼ぶと、ドクター・ヘルの声がどこかから聞こえてきます。

「あしゅら男爵・・・あしゅら男爵・・・」


声をするほうに顔を向け、目を開けると眼前にマジンガーZが・・・!
仰天したあしゅら男爵は階段を転げ落ちてしまいます。

あしゅら男爵 「ドクター・ヘル・・・」
ドクター・ヘル
「なにを寝ぼけておるのじゃ」


ドクター・ヘルの顔をマジンガーと見間違えるとは、よっぽど病んでますな。精神的にかなり参ってるようです。

マジンガーZへのことごとくの敗北。
そして前回でマジンガーZが海に潜れるように改造されたことで、
海底要塞サルードを拠点とするあしゅら男爵は不安で夜も眠れないのでしょう。

そんなあしゅら男爵の心配をドクター・ヘルは一笑に付します。
「ガハハハハ! 知恵のない者は気の毒なものよ」
この余裕が、やはり器の差というやつでしょう。

小物は大物のカリスマ性にすがって、かろうじて生きることを許されるのです。
これは残酷な悪の掟なのです。

「ヤツが海ならこっちは空じゃ」

この話のあたりから、絶妙にうまい構成作業の片鱗がうかがえるようになります。
この先数話、番組はふたつのテーマを強調していて、
ひとつは「兜甲児がパイロットであることの必然性」。
もうひとつは「ジェットスクランダーへの伏線」です。
このことはまた別の機会に書きます。

スポンサーサイト
2005.07.15 Comment:6 | TrackBack:1
監督:ロニー・ユー
製作:ショーン・S・カニンガム
フレディ原案:ウェス・クレイヴン
ジェイソン原案:ヴィクター・ミラー
脚本:マーク・スウィフト、ダミアン・シャノン
テレ東でやってたのを見たんだけど。
すごく面白かった!

馬鹿映画かと思って見てたら、意外とホラーの部分がしっかり作ってあったので意表を突かれた。

冒頭フレディが作戦を練って、なぜジェイソンと絡まねばならなかったのかを説明したりするのがマヌケだけど、
そのあとの数十分は、初期の『エルム街の悪夢』を思わせるノリで楽しめた。

もちろん全体としては、馬鹿映画だ。だって『フレディVSジェイソン』だもの。
これで馬鹿映画じゃなかったら詐欺だ。
馬鹿映画の中で、しっかりガチンコのホラーをやってるところに好感がもてるのだ。

監督は『チャイルドプレイ』の一作目の人だけど。
この人、あれ以来あまりホラー映画も撮ってないみたい。
それが、フレディというホラー界のスターを扱えることになって発奮したのだろうか。
そういう愛着とかやる気といったものを画面から感じる。

僕は『13日の金曜日』シリーズはかなりどうでもよくて。一度も怖いとも面白いと思ったことがなく、退屈な映画だと思ってるんだけど、
この映画のジェイソンはかなりイイ。

監督が変わればこうも変わるものか。
麦畑の中から炎とともに現れ、殺戮を開始するジェイソンの有無をいわさぬ圧倒的で凶悪な存在感。

こんなジェイソンとフレディが戦うんだから大変だ。
っていうか、夢と現実に生きる(っていうか二人とも死んでるんだけどね)、水と油の二人。
予想ではフレディ圧倒的優位かと思ったんだけど、今回この二人の対決をみていてジェイソンを見直した。

フレディはまだユーモアを解し、人間的な悪感情に支配されているところがあって、まだ共感できるところが多い。

だがジェイソンは違う。理屈も道理も通用しない。
圧倒的な突進力で無意味な殺戮を繰り返す理不尽極まりない男。
なによりも知性に欠ける。っていうか究極なまでにモノを考えてない。無だ。混沌だ。
一応、『サイコ』を思わせる母親との関係や、子供時代のトラウマが描かれているけど、それが殺戮にいたるプロセスが説明不足すぎて、俗世に生きてる観客は口をあんぐりあけて動揺するくらいしか手がない。

これは、生々しい人間らしさを引きずってるフレディなんか及びもしないわけのわからない存在。

ジェイソンは冒頭から登場して殺人を犯してはいるが、
その本当の怖さが発揮されたのはフレディと対決する展開に入ってからだと思う。

夢に引きずり込もうが、切り刻もうがお構いなし。
ジェイソンは突進あるのみ。
その無意味さにはフレディも気おされる。
前半であんなに怖かったフレディが友達に見えるw


前半はフレディ。後半はジェイソンの怖さを、
「どう怖いのか」
と、両作の原点に立ち返って描写した監督は偉い。
ホラーを愛してるからこその演出力に感動した。


そして、馬鹿映画としても期待は裏切ってなく、スター対決の鮮やかさもちゃんと楽しめた。
ナタとカギ爪がビュンビュン交差し、火花や土煙が舞い散るアクションのキレのよさ。
テンポのいいカット割り。
ホントに馬鹿だよね。フレディとジェイソンが格闘ゲームよろしく戦ってるんだもの、まさしく夢の対決。
うん、ナイトメアのほうだけど。
素晴らしいよこれは、感動した。

制作のショーン・S・カニンガムは、『13日の金曜日』の監督で、
こんなのも作ってたのね。

「ジェイソンX 13日の金曜日」スペシャルサイト

そういやそんなのあった気がするけど、当時は見る気がしなかった。
しかしジェイソンが宇宙へ・・・
いまさらだけどこれ、「馬鹿映画だぞ」と堂々と看板を出して宣戦布告をしてる感じが疼くなぁ・・・
『フレディvsジェイソン』が面白かったので見てもいいかもなあ。

シネスケ評

フレディvsジェイソン オフィシャルサイト : HERALD ONLINE

2005.07.13 Comment:0 | TrackBack:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。