上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
「MASTERキートン」の続編が執筆決定!舞台は20年後
http://news.mynavi.jp/news/2012/02/29/120/

ギャーーーーーーーーーーーーーーーー!!! 
このニュースを見て頭に思い浮かぶ言葉は「ギャーーーーーー」しかない。
そうかこれが嬉しい悲鳴というものか。

あーでもなあ。パート2ものってガッカリするものだからなあ。期待したらその毒で死ぬのかもしれない。
いかに浦沢&長崎の天才コンビのプロデュースとはいえ。

あと、二人と争って追い出された形の原作者の勝鹿北星氏の貢献度が言われてるより大きいんじゃないかと感じ始めてるってことも不安要素としてはある。

特に初期の珠玉のエピソードは、浦沢&長崎コンビのセンスじゃないと思うんだよなあ。
逆に言えば後半エピソードの味ならおおいに期待できるのかも。

2chでは「太平の遺影から始まったらどうしよう」というブラックな予想もあったけど、ありそうだなーw
いや、むしろ飼い犬の太助の遺影を前に、二代目犬と若い姉ちゃんをはべらせたヨボヨボじじいとして出てくる可能性もあるか。

なによりキートンと、当時高校生だった娘百合子のその後だよな。
まだオプをやってるのか、発掘はしてるのか。
いやいや最悪、軍隊に戻ったという無味乾燥な設定になるのかもしれないぞ。

なんにせよ期待と不安が入り混じった気持ちだ。


スポンサーサイト
2012.03.02 Comment:0 | TrackBack:0
『20世紀少年』のコミックスを数日かけて読破した。

うーん、夢中になる作品だけど、なんか響かないかも。
まず主人公たちと世代が違うので、60年代後半から70年代の文化を混ぜ込んだ構成がいま一歩乗り切れないのが大きい。
あとロックが好きじゃないので、音楽に対する愛があふれているだろうこの漫画の、その底に流れているリズムに共感できない。
だもんで、読後に感想でも書こうかと思ったけど、とくに鼻息荒くして書くことが見当たらないかな。
ファンタジックで壮大な終末的未来を過去とクロスさせて、多くの登場人物にスポットを当てながら進む群像劇になってるあたり、日本を舞台に漫画という表現方法でスティーブン・キングのようなホラーをやった感じだろうか。


やはりさすがというか、キャラがいい。
オッチョの陰のある強さと、子供時代のかわいさのギャップがたまらん。

かっこいいといえば、春波夫。
先にテレビでみてたけど、映画でもこのかっこよさは同じ。
「チャンスがあったらおやりなさい」にはシビれる。
映画にはなかったけど、そのあとに続く似顔絵を描くシーンもかっこいい。
宮本武蔵のような一筆入魂の似顔絵を描くことで、天下人の首を獲る。
あのあたりはゾクゾクくる。
20世紀少年で一番好きなシークエンスはここ。

あとコイズミが最高にかわいい。
ともだち暦になってからは、ボーリングがらみで少しでてきただけなので、もう少し出番が欲しかった。


あー、それとやっぱ”ともだち”か。


(※ 以下遠慮なくネタバレあり)


うーん、やっぱこの作品の核は”ともだち”なのかな。
以前NHKのトップランナーだかプロフェッショナルに浦沢さんがでてたときに、”ともだち”の正体は重要ではないけど読者はそっちばかり気にするので困ってるみたいなことをいってた記憶があるのだけど、読んでみたらそりゃしょうがないでしょうと思った。
さんざん”ともだち”の正体でひっぱてる構成だし。

フクベエで終わらせておけば、その言い分もかなり支持できるのだけど、
二人目の(入れ替わった)”ともだち”がでてきちゃったら、なんかそれもなあと。

”ともだち”の設定に関しては、やはりこないだNHKでやってた爆笑問題との対談番組において、
最後のシーンはすでに頭の中にあったというから、たぶん着地点は本当に最初から見据えていたのだと思う。
成長後のカンナが第一巻の最初にすでに出てきているのをはじめ、
初期設定からあまりぶれることなく、あと付けっぽい設定やエピソードにしても伏線をかなり前から出してるという緻密な構成力はさすが。



僕は、万博にいかずに夏休みを自宅で過ごしたフクベエの描写などが大変面白かったので、
フクベエの性格と、その性格ゆえに”ともだち”になるまでの過程をきちんと描いて欲しかったのだけど、
ふたりめの”ともだち”が出てきちゃった時点で、その筋は霧散してしまって、
妙にトリッキーな構成の鮮やかさだけが残ってしまった印象なのが残念。

しかも真相は微妙にぼかしてある。

最終的に”ともだち”はカツマタくんで確定なわけだけども、
その着地点は決まっていたとしても、途中から二人目のお面の子(サダキヨでない子)の存在を出したあたりから、作者の迷いによるストーリーの乱れがあるような気がした。

紆余曲折はあったかもしれないけど、とりあえず完成した作品。
作者の頭の中にはきちんと最初から最後までの筋の通った真相はあるのだろうけど、
それをハッキリと明かさないのもそういうテクニックなのだろうね。
エヴァみたいな感じの。
だから、読者はその意図に踊らされて想像するしかない。
考察サイトをちょっと巡ってみてもいろんな意見がある。

おのおのが自分の答えを持てばいい。



もうあれこれ考えをめぐらせるのはめんどくさいし、この作品にいつまでも縛られたくはないので、
僕もネットで見た意見なども拾って組み立てることにします。
それが結論なので、僕的には他に真相はありません。
僕の答えはこう。

カツマタくん=二人目のお面の子=死んだことになってるけど死んでない。
死んだことにされた理由は、ケンヂの万引きの濡れ衣をきせられ、
フクベエによる死亡宣告(葬式ごっこのようないじめ)を受け、それが噂として一人歩きし、
それがフナの解剖の前日に死んだという噂になる。


カツマタくんは本当の超能力者。
理由はラストシーンの「こんなふうに死ぬとは思ってなかったよ」というケンヂのセリフを予知夢で見ているから。


覆面をとったカツマタくんの顔はフクベエそっくり。
「整形か?」といってるが推測に過ぎない。
むしろ双子。
だからこそ、(ただの替え玉でないからこそ)友民の中枢にいる人物の誰も、万丈目ですらその存在を知らない。
子供の頃からフクベエとカツマタくんの二人だけの秘密だった。



カンナの母キリコは、命を懸けた人体実験の被験者になりながら答えた質問で、カンナの父はフクベエだと証言している。(死ぬ前の人間は嘘をつかない)
実はキリコが気づいてないだけで、双子なのをいいことにカツマタくんがフクベエの妻を寝取った。
(キリコはのちに声も姿も同じなのに、”ともだち”が入れ替わったことに気づくという勘の良さがあるが、それは覆面をした状態だからであり、顔が同じ=同一人物という先入観の前では意味がなかった)


超能力があるのはカツマタくん=超能力があるカンナの父はフクベエではなくカツマタくん。
(仕掛けを作って宙に浮いていたフクベエには超能力がない)


カツマタくんは超能力を子供の頃からたびたび使っている。
恐らく教室のスプーンを全部曲げたのはカツマタくん。

興行師だった万丈目の前でスプーンを曲げたのはフクベエ。
なぜなら万丈目も喫茶店でスプーンを曲げてるのでトリックを教わっただけ。
万丈目は最後にバーチャルアトラクションの中でスプーンが曲がったことに喜んでから消えるので、彼に超能力はない。

TVに出演したのはカツマタくんの可能性はあるが、自己顕示欲の強いフクベエは晴れ舞台を譲らないはず。
ただしカツマタくんが横からサポートしていたかもしれない。
だからフクベエのいうように、トリックなしで収録中にスプーンが曲がった可能性はあるが、
新聞記事のままで、フクベエがトリック見破られたのに、万丈目にしれっと嘘をついてるほうがキャラクター的にあっていると思う。
トリックバレた上に、嘘の上塗りして、「みんなに復讐する」と逆切れ。
そのほうがフクベエらしい。


フクベエとカツマタくんは
2015年の理科室でフクベエがヤマネに撃ち殺されたあとに入れ替わった。

フクベエの死後、バーチャルアトラクションの中の理科室に現れた”ともだち”はカツマタくん。
カツマタくんは、このときフクベエの足をひっぱり「お前はここで死ぬんだ。これが真実だ」(コミックス14巻)といってるが真実ではない。

過去の回想で描かれた、理科室の真相。
(コミックス16巻)
このときフクベエ、ヤマネと一緒にいたお面の少年は、サダキヨではなくカツマタくん。
だから21世紀の”ともだち”(カツマタ)の夢の中に記憶としてでてくる。

(連載開始時点ではドンキーが逃げた理由は、サダキヨの死体を見たから=小学生のときにふたりは入れ替わって復活しているというプロットがあったかもしれないが、2015年ヤマネが”ともだち”を撃ち殺したことで、その線は消えたのかも。ヤマネの「ここでともだちは生まれた。いや死んだというべきか」という意味深なセリフは作者一流のブラフ)
このときドンキーが逃げた後、ロープの仕掛けが切れて、死にそうになるが死んではいない。
バーチャルアトラクションの中で足を引っ張ったのは、死んでないけどこのとき死ぬべきだったという願望の現われた行動。




ハァハァ・・・・

・・・という風にこれは作者にいいように踊らされる漫画なのです。
踊らにゃ損損。

2009.09.16 Comment:0 | TrackBack:0
朝日新聞で4月から連載が始まった1ページ漫画
「オチビサン」がめちゃくちゃ面白い。

安野モヨコの作品は「働きマン」も「シュガシュガルーン」も読んだことないけど、それらとはぜんぜん違うタッチと作風のはず。
シュールでかわいいギャグまんがだ。
先週のぶんがあまりに面白くて切り抜いてある。
”パンくい”というすっとぼけた犬が「おいしくいただきました」というコマで、もう20回ほど笑ってる。

年金を食い物にする社会保険庁の痛烈な風刺だと気づくまでに時間がかかったが、たしかに社会保険庁のやってることはシュールなギャグかもしれない。
2007.07.04 Comment:0 | TrackBack:0
前から気になってたので、読んでみる。
午前中ずっと読んでたら疲れて夜まで寝てしまった・・・

悪を滅する「アクメツ」というフレーズから勝手に一話完結のよくある悪漢ヒーローかと思ってたが、
予想してたのと違って、読んでみるとかなり妄想爆発の硬派漫画で、これは前代未聞のジャンルかもしれない。
「悪とはなにか」とこれだけ粘着質に読者に問いかけてくる少年漫画って・・・

「もし悪を一人残らず滅ぼせるとしたら?」というIFを作者はシミュレートしたいらしい。
決して安易なテロの肯定になってないところがミソだ。
悪の定義がそれなりにロジカルで、
それを滅することを「アクメツ」とした設定がすごい。

「完全なる一人一殺」 「ただのテロではない」
という部分を核に、SFまでとりいれて、バイオレンスファンタジーを展開してる。
こいつは一本とられた。そんで読んでて疲れた。
2007.06.10 Comment:0 | TrackBack:0
 (イブニングKC・全五巻) 

全五巻を一気読みしました。

流した涙の総量は100mlはいくんじゃないかというくらいの勢いで、全5巻を通してページを繰るごとに滝のように泣いてました。
最後まで読むとなんとなく展開や結末がわかってしまうように書いてますので。未読の方は注意してください。

実の兄妹の道ならぬ恋を描いた作品ですが、ここまで真正面から描くとは。
大変な傑作だと思います。
そのためか、いま疲れて読後感が重いです。

------------------

ネットで感想を漁ると、読む人によってだいぶ感想は違うようです。
もしかしたらそれは、この漫画が骨子に優れた文学作品としての機能をもっているからではないかと思いました。
いわゆる「文学」作品は読者との対話の結果、各々の読者ごとに違ったメッセージを投げかけるといいます。読者個人の経験や人生観が作品の読み方に反映されるからでしょう。

本来、自分は兄のほうに視点を置くべきなのでしょうが、
始終ヒロイン七夏のほうの目線で読んでいました。

頭の中が(あくまでこの作者の考える)女子高生と大してかわらぬ思考パターンなのかと思うちょっと恥ずかしいのですが、
ヒロイン七夏(なのか)の、道ならぬ恋の軌跡として読んだのが”僕の『恋風』”でした。

一方、兄の苦しみはけっこう突き放した感じで読んでいたかも知れません。
社会人である兄の、最終的に選択した決断は、夢見る少女である七夏と比べても非常に重いものでしたが、七夏のまっすぐな情熱にひっぱられた感があると思います。
七夏の視点があってこそ思うのですが。
この作品は非常に美しいです。

この文章書いていて気づきましたが、
僕は七夏と同じ破滅型の性格のようで、そのため同調してしまうようです。

------------------

以下ネタバレ含んでいきます。まずは本屋さんに走りましょう。

七夏のくるくる変わる表情がどれも可愛らしく良かったですが。
最終回の七夏の凛とした表情は特に素晴らしいです。

作者は、ロミオとジュリエットのような、許されぬがゆえに燃え上がる悲恋を、ただ悲劇の醍醐味をメインとして描くのではなく。
そこから這い上がる人間のたくましさ。
運命を、道理を、神の定めた摂理をも超越した人間の力強さを描こうとしたのではないかと思うのです。

七夏のこれまでに辿ってきた道、そして作者が非常に丁寧に描いてきた彼女の魂の軌跡のすべてが最終回、ベランダで微笑むあの顔に集約されているように思います。
だから、あの微笑が七夏のベストカットです(ラストショットの桜吹雪のなかの笑顔のほうではありません)。
こういった七夏の視点があればこそ、この作品は美しいのです。

------------------


ひとりの幼い少女が、ひとりの強い意思を持った女性になっていく過程が感動的です。

最初は、ひたすら七夏の健気さに泣かされてきた僕も、いつのまにか決意をもった女の意志の力に感涙していました。
もう前半で涙腺はぶっ壊れてますから、とにかくむやみにダダ泣きしてただけかもしれないけどw


作中、かなわぬ恋の対比として描かれる、
同級の宮内君のエピソードが好きです。

宮内君のしのぶ恋は、それはそれで美しいものだと思いますが、
七夏からすれば、この世の不幸を一身に背負ったような彼のあきらめは。
とても卑怯に映ったのではないでしょうか。


同じつらい恋を歩む同胞としての「優しさ」よりも、
ここでは七夏の意志の強さを強調するかのように「厳しさ」が貫かれていたように思います。

「私は違う」

そう心の中で彼女はいったかどうかは知りませんが。
この似て非なる境遇である宮内君のエピソードが
(だからこそ)七夏の背中を押したように思います。

直後、親友の双葉が目撃する七夏の妖艶な表情は、狂気一歩手前の危うさと同時に。最終回での、あのすがすがしい笑顔を予感させるかのような、決意の片鱗をすでに感じさせます。
これが七夏の二番目にいい顔です。

そして、その直後に双葉に弱音を見せるシーンとのギャップで、
読者の(主に僕の)涙腺も大幅に緩むわけです。
------------------


宮内君には悪いけれど、この不幸勝負は七夏ちゃんの勝ちです。
結局彼は想いを消極的にあきらめた時点ですべての可能性を手放しました。
七夏にいわせれば、それはそれだけの想いでしかなかったといいたいかもしれません。
失う覚悟もなく、不幸を気取っている人には、結局なにも掴むことはできない。
想い人が婚約者と楽しげに会話する姿をさびしげに見守る彼に美しさがあるといえるでしょうか。
ここまで読んできた読者はこう思わねばならない。決して美しくはないのだと。

ただ、彼の「動かない」という選択が間違ってるとはいえない。
それだけです。
------------------

この作品はリアルな描写を重ねてはいますが、あくまでファンタジーとしての側面が否定できないと思います。
実際の近親姦に悩む人は、世には出ずともかなりの数がいるのでしょうけども、ここまで純粋な気持ちで突っ走しられたら、やはりひとつのファンタジー的な結末であると思うべきで、それはタブーを超えたところにある超越の美であり、人間の極限を超えたところにある意志の力を描いた美しさであり、そしてそれは、やはり現世と同じ壇上で語られるべき性格のものではないと思うからです。
これはファンタジーのもつ美しさに他なりません。

作者が現実の経験をつんだ大人の世界の住民ならば、
世間体の権化としての機能を持たされたキャラである、同僚の女性千鳥のセリフ、
「キモいよ」
「恋なんて自分の幻想相手に重ねてるだけでしょ」
「頭に血がのぼって周りが見えなくなってるだけ」

物事を相対化させるためにややキツい口調にはなってるけど、作者自身の本音もこっちにあるはずなのですが、それを超越した妄想で美しい夢を見せてくれてありがとうと言いたい。

そして、これらを踏まえたうえでやはり、作中のふたりにむかって
幸せになっておめでとうといいたいです。

道なき道を開拓し、力強く歩み始めたふたりに、
これからも変わらぬ幸のあることを祈らずにはいられません。


ラストで七夏は「かなわぬゆめ」であったはずの
幼い頃の夢のひとつである美容師への道を歩み始めますが、
これは彼女が決して人生を捨てていない証拠であると同時に、
さらなる怒涛の展開を予想させます。
しかしそれはまた別の物語なのでしょう。


********************


(おまけ)
作者の性別が気になるのですが、ネットで調べてもよくわかりませんでした。
女性だという説もあるようなのですが、結局のところ真偽はわからない。
でも、僕も作者は女性だと思います。

連載開始当初の頃の絵はこだわりありそうにフリーハンドで緻密に描き込まれた背景も含め「男絵」「オタク絵」に思えます。
イブニングというサラリーマン向け雑誌掲載であり、やはり人気商売ですから、妹萌えという商品としての側面があったかもしれません。

そう思うと、1巻で下着の匂いを嗅いでハアハアいってるところも
いかにも女性作家が男性の担当編集者のアドバイスをとりいれつつ、「男ってこんなもんでしょう?」といってるような気がしてくるし、

失恋で生理がとまって、生理が再開したのが兄への道ならぬ恋への予兆となっているという憎い演出も男には描けないと思う。

それならばもうひとりの主人公であるはずの兄、耕四郎に近い立場である僕が、彼にリアリティを感じないというか今一歩共感できないのも納得いくのですが、これで作者が男性だったら、それはそれでマジで尊敬します。
あれだけリアルに七夏の心理描写をできる男は、ただものではないはず。

絵もかなり「男好き」するように描かれていましたし、そのこともあってこの時点では作者は男性だと思って読んでいたのですが・・・特に後半、半年の別居のあと成長した七夏の描写では
こういったロリロリした妹萌えがかなぐり捨てられ、はっきりとした少女漫画タッチに絵柄が変わったのが印象的。

それと呼応するようにストーリー面でも、衣着せぬ女性視点で描くようになったと思うのです。作者自身の筆がノッって、当初と違った予定のこういう絵柄や展開になったのだと想像してるのですが。だとしたらいい感じに暴走してくれたと思います。
どちらしにしろ作者は一人っ子じゃないでしょうか。
少なくとも異性の兄弟がいたらこれ描けないと思う。

僕はきょうだいがいませんが、はじめて得した気分です。
妹のいる兄や、兄のいる妹はこの傑作をのめりこんでは読めないかもしれない。
いやあ、該当する方は人生ひとつ損しましたね(自慢)。
Tags: 

2006.05.04 Comment:2 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。