上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
見た。
井筒すごい。感動した。
笑って泣けるすごい映画だった。
さすがビッグマウス。井筒頭おかしい!

分断された南北朝鮮の悲劇を、日本の在日問題に置き換えた構成もよかった。
(作中の在日韓国人の悲劇が史実に忠実かどうかは疑問もあるので、ここでは置いておくけど)

これは井筒版『超時空要塞マクロス』だ。
井筒は絶対マクロスみてる。

違う種族、カルチャーギャップとカルチャーショック。
最期の川原の戦闘シーン、死んだ者と、新しく生まれる象徴的な意味を持った生命。
それらが、軟派男のフォークソングで集約されていくテンションは、
まさにマクロス27話「愛は流れる」そのもの。


ラジオディレクターの鼻血が最高だった。
たまたまフォーク・クルセダーズがマイブームだったんで、なんか得した気分だ。
スポンサーサイト
2007.05.18 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。